本文へスキップ
                        




「英検と公立高校受験」に関して


1.大阪府立高校入試での英検取得者優遇制度

大阪府立高校入試では、英検の合格者に読み替え点数を与えることを発表しています。

そして、試験読み替え率を下記のように決めています。

2級 80%
準1級 1級 100%

(準2級以下には、特に優遇措置を設けていません)

2.英検取得者のメリットは大

読み替え率とは、言い換えれば「得点の保証」です。大阪府立高校の入試は90点が満点です。ここで、2級取得者」は72点、「準1級・1級」取得者は90点が保証されます。

これは、正直かなりのメリットです。受験までの貴重な時間とエネルギーを、英語以外の分野に費やす事が可能となります。

3.一番難度の高いC問題の受験に有利

ご存じ「理科」・「社会」は入試対策の効果が出やすい科目であるのに対し、「英語」は対策効果が出にくい教科です。

それは対策問題自体が、そのまま出題されないからです。C問題では「数学」もかなり難度高く、10点上げるだけで、相当な時間、練習問題にあたる必要があります。

北野、茨木、豊中などの進学校が採用している、高難度のC問題の英語は、平均点が50点代と結構難しいので80%が保証されるのはかなりの安心感となります。

また、入試のC問題はライティング問題が入っています。これは、2級のライティング問題と多少似通っています。出題範囲が広く、練習無しではしっかりと書けない内容です。
英検学習は、他方では受験準備にもなります。

4.2級合格者は高校生のほんの3%前後

平均すると、英検2級保持者は高校生で全体の2〜3%程度です。中学生の取得者ともなると1%程度でしょう。しかしながら、北野高校の受験生中3は、300名以上が2級以上を取得しているのです。このように、近年の英検の受験者は大きく増加しているそうです。

英検2級を取得するためには、中学英語だけでは全く歯が立ちません。従って合格者の大半は、塾で英語を別途学んでいるのが現実です。これらの背景から取得者には大きなメリットがあるのです。

5.時間の有効活用を

英検の取得者が少ないからこそ、高校受験ではかなり有利に働きます。小学校高学年、中学校低学年から英語に慣れておけば、高校入試前に2級に合格するのは十分可能なのです。チャレンジ回数の多い英検は、受験と違って1回限りではありません。

進学校に進む上では、取得していない事がデメリットになりかねない面もありますので、勉強時間の配分を見直して、早めに取得しておきたい資格です。
受験日は既に決まっています。受験に使うのであれば、時間をムダに使うのはやめた方が良いでしょう。

大阪府公立高校入試改革(英語)主要6ポイント(平成29年度改訂)

1.「聞く・書く」力をより試す問題に(50%以上占有)

旧来の府立高校の英語の学力検査問題では、全体の配点に比して、「聞く(リスニング)」は約20%を、「書く(ライティング)」(注1)は約8%をそれぞれ占めるにとどまっていた。

今回の改革以降は、「聞く(リスニング)」問題への配点を約33%(3分の1)に、「書く(ライティング)」問題への配点を約20%(5分の1)にし、両者を合わせて50%を超えることとした。

注1:ここでの「書く(ライティング)」は自分の考えを英語でまとめるような思考力を問うライティング問題を意味する(機械的な和文英訳問題は除く)


2.より高度な「読む」力を求める(1分間に読む語数が、2.7倍に増加)

上記のように「聞く」「書く」力を試す問題の配点比率が上昇すると「読む(リーディング)」力を試す問題の比率は下がることとなる反面、旧来の試験と比較し、英文の量は選択肢を含め大きく増加した。従来は1分間35語であったのに対し、今回以降の問題では96語となり、より長い文章を、スピード感をもって理解する力を問うこととした。


3.問題文はすべて英語

指示文を含め、問題文はすべて英語で構成(注釈語のみ日本語)


4.予め単語集を配布

中学校で使用されている検定教科書にて使用されている単語を中心に、府教委が編纂した単語集を予め市町村教育委員会に配布。より効果的な英語学習に期待注目

5.【英検等の】外部検定テストとの連動性

府立高校入学者選抜にて考慮される外部検定(英検、TOEFL iBTIELTS)も、同じく4技能を養うための検定であり、今回の府立高校学力検査問題の改革で方向性が同一。このため英検等を入試得点の換算対象とする

(重要)英語得点換算率

 

TOEFL iBT

IELTS

英検

読み替え得点率

 大阪府立高校入学者選抜

 教科「英語」

60

6

1

100%

50

5.5

(無)

90%

40

5

2

80%

 

6.高校での4技能指導と連動

今回改革される英語学力検査問題は、グローバル・リーダーズ・ハイスクール10校(注2)、及び国際文化科やグローバル科の設置校などが選択することを想定している。
これらの高校では、新入試で試される「読む・聞く・書く」力を基礎に、高校卒業時には「話す」力を含め、TOEFL iBT等で求められる高いレベルの4技能を駆使できる英語力の育成をめざす(これらの高校には、Super English Teacherを配置)

注2:グローバル・リーダーズ・ハイスクール指定10校(北野・豊中・茨木・大手前・四条畷・天王寺・高津・生野・三国丘・春日丘)

(参考:大阪府教育委員会資料)

                                                          

information

英語検定
英語コミュニケーション 専門教室

英COM 豊中北桜塚


大阪府豊中市北桜塚
TEL.06-7897-0127
受付時間(13:00~20:00) 休日 月曜









copyright©2014 英COM all rights reserved.